東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
これまで掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

東北1000プロジェクト×600人の起業家集団

このページの情報は、2013年4月24日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

ミニコミ紙「ふれあい交差点」の編集・発行

一歩一歩、一段一段被災地気仙沼の復興への歩みと共に随時必要とされる情報を発信

  • ミニコミ紙「ふれあい交差点」の編集・発行_1
  • ミニコミ紙「ふれあい交差点」の編集・発行_2
  • このプロジェクトを応援する!
  • 419応援

600人の起業家集団 - 詳しくはこちら

事業の内容

ミニコミ紙「ふれあい交差点」を企画・編集し、大きな新聞では伝えきれない市民目線の情報を発信して市民レベルでの復旧・復興に役立ててもらいます。被災地の体験特に情報伝達手段が途絶えたときの紙メディアの果たす役割をまとめ提言する、まちづくり等に関するセミナーを企画、開催しヒントを得てもらいます。

ここが魅力・アピールポイント

1.情報を発信することで市民の動きが出てくる(反応がある)ことがわかる。
2.大新聞のような一方通行ではなくキャッチボールのごとき読者とのやり取りがある生きた血の通った情報発信。

こんなメンバーで活動しています

日ごろは代表と委託スタッフ1名ですが、協力者や読者、掲載依頼者が絶えず訪れ、いわゆるネタに困ることがありません。文章のまとめやレイアウトの仕方など自由に意見交換できます。

藤田孝子

代表者プロフィール

藤田孝子
ふじたたかこ

昭和25年4月21日生まれ 昭和44年3月宮城県鼎浦高校卒業 昭和44年9月陸上自衛隊入隊 昭和60年9月陸上自衛隊退職(2等陸尉) 昭和60年9月気仙沼地域政経文化研究会入社 平成2年1月退社 平成2年6月(有)藤田新聞店開業

東日本大震災発生時、大きな力を発揮したのは日頃「古い」「昔の」「田舎くさい」と言われるものや暮らし方でした。紙メディアもその一つだったでしょう。しかし通信途絶、情報網分断の中で、戸別配達網を持つ新聞店の果たす役割はどれほど大きかった事か。そこに市民目線の本当に必要とされる情報を載せて、新聞と一緒に届けたミニコミ紙の果たす役割を受け継ぎ新たな形で発行していきたいと思います。
事業テーマ 情報・通信 
支援対象 一般・対象問わず 
活動地域 宮城県 気仙沼地域 
支援団体 一般社団法人 HIT
事業発足日 2013/3/1
活動中のメンバー 5人
掲載開始日 2013年4月
事業運営団体 株式会社 ワンステップ
所在地 〒988-0104 宮城県気仙沼市赤岩五駄鱈73-2
TEL/FAX TEL:0226-25-9527 FAX:0226-24-4821
メールアドレス qqce4t2d@train.ocn.ne.jp
ホームページ http://fureaikousaten.web.fc2.com/

お問い合わせ先

掲載中の事業内容や起業家へのお問い合わせ

各事業の運営団体に直接お問い合わせください。

サイト運営に関するお問い合わせ

一般社団法人復興起業家支援協議会にメールでお問い合わせください。メールのお問い合わせ先は entrepreneur@tohoku1000.jp です。
※ご回答に3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

ページの先頭へ