東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

第二回 心の音楽祭

だいにかいこころのおんがくさい

震災により、人と人との繋がりがとても大事だと再確認し、音楽の力で繋がれた人々と力を合せ石巻の被災者が中心で作った団体で行う、地元や、全国から石巻に繋がりのあるアーティストの演奏や、飲食・物販などの野外音楽イベント。

【内容】
活動内容:野外音楽イベント開催
開催場所:石巻市牧山市民の森キャンプ場第二駐車場
開催日時:2012年9月15日(土)16日(日)
活動場所:石巻市
活動頻度:週一での実行委員会ミーティング、随時各々での開催準備
活動人数:16名

プロジェクトインタビュー

今回は心の音楽祭実行委員会さまに取材に行って来ました。 「音楽を通して石巻の支えになりたい」という想いのもと、石巻に住んでいる方々が中心となって、昨年から音楽イベントを開催していらっしゃいます。心の音楽祭ではどのようなことを大事にしているのかということや若い人たちに向けての素敵なメッセージをいただくことができました。 インタビューにお答えいただいたのは、心の音楽祭実行委員会の打越文彦さんです。

Q.
心の音楽祭が開催される経緯や運営しているみなさんの想いを教えてください。

 私はもともとミュージシャンで海外を音楽と共に旅していたのですが、その最中に震災が発生し、日本に帰ってきました。当初、音楽というのは鼻歌を歌うだけでも不謹慎だというような雰囲気を感じていましたが、私はいつか音楽が役に立つ日がくるだろうと思っていました。昨年の6月頃仙台でライブをやることになり、そこで現在心の音楽祭実行委員長を務めている石巻出身の内海さんとお会いしました。彼女は「音楽から勇気をもらった」と言っていました。私はその言葉を聞いて、「音楽を通して石巻の支えになりたい」と思いました。そのような私たちの想いのもとに、心の音楽祭は開催されることになりました。
心の音楽祭は、昨年初めて開催でしたが、みんな手探りの状態で始めたので運営は大変だったと感じます。昨年開催しなければ今年開催することはできないのではないかと思ったため、運営スタッフで協力し音楽祭を行いました。昨年の音楽祭に来た方々は喜んでくれた人が多く、「今年もぜひ開催してほしい」という声を聞くこともできました。運営スタッフにとっては、そのような一言ひとことによって勇気をもらうことができますし、前に進める活力にもなるため、とても嬉しく思います。
また、今年の心の音楽祭については地元の方など石巻市民が中心となって運営しています。今年は「地元の自立」という点を重視しながら、人々の輪をつくりうまく循環していくような形にしていければと思っています。

Q.
第2回心の音楽祭のテーマは「繋がり」ということですが、このテーマにはどのような想いが込められていますか。

 心の音楽祭で出会って繋がるということは大事だと思っていますし、昨年出会った人と再会して繋がりを深めたいということや一度つながったことを確認し合える場にしたいという想いが込められています。石巻はボランティアや支援をしてくれる人がたくさん来てくれましたが、今は観光で来る方はいるけれども長期的にボランティアや支援を行うことが難しくなっている状況にあるといえます。昨年せっかく出会ってもすぐ別れという形になってしまったことはとても寂しいことなので、再度つながりを確認してほしいと思います。そして勇気をもって楽しい人生を過ごしてほしいと思います。

Q.
今後の展望について教えてください。

 心の音楽祭は毎年続けていき、石巻市民が中心となって自分たちの手で作り上げる音楽祭にしていければと思っています。震災が起き、残していかなければならないことはたくさんあります。昨年は物質的な問題や命に関することが主で、目の前の問題は一人として同条の立場がなく、そして一日一日の生活に早い変化がありました。現在はそこから少しずつ自立に向かっていく人の想いが大切になっていると感じます。また、ここから立ちあがっていくんだということも世代で伝えていきたいです。
日本は世界中の国から注目されています。これからは世界から石巻に人を呼べるようにできればいいなと思います。実際に石巻へ来て様々な事を感じてほしいです。

Q.
若者へのメッセージをお願いします。

 自分の好きな事を思い切りやってください。そして、やるからには途中でやめないことが大事です。どれだけ未熟で、歩みが遅くても途中でやめなければ、それは「ホンモノ」です。どれだけ熟練していても途中でやめてしまえば、それは「ニセモノ」です。自分が好きな事ならば最後まで答えが出るところまで進んでください。そうでなければ始めから同じような道のりを繰り返します。人生には無駄というものはありません。失敗を重ねるからこそ成功していくのであって、失敗をして途中でやめてしまったら成功はなくなってしまいます。なので、みなさんにはたくさん挑戦してほしいと思います。そうすれば苦労することや辛いことも楽しんでやれるはずです。
また、これからの時代を担っていく皆さんには、一人ひとりの「濃度」を濃くしていってほしいです。濃くなることで考えの転換も早くなっていくと思います。そして、もっと世界に視野を広げて、広く多くのことを見られるようになってほしいです。

編集後記

 今年の心の音楽祭のテーマ「繋がり」に関して、一度つながった人と再会し、繋がりを確認し合うというところがとても印象に残りました。私自身、昨年炊き出しのボランティアをして避難所でたくさんの方と出会い、お話をし、一緒に時間を共有しました。けれども、ボランティアはある期間で終わり、出会った方々とその後はお会いしていない状況です。実際に、私のように一度繋がりができたけれど、そのまま離れてしまった方は多くいると思います。そのため心の音楽祭は人々が再会できるきっかけを与えてくれるイベントだと感じました。
若者に対してのメッセージは私の心に強く響きました。「自分が好きなことを途中でやめなければホンモノ」というお話を聞いて、好きなことの出来不出来も大事かもしれないけれども、一番は継続してできるかどうかが重要だということ学びました。今自分の中にある好きなことを大切して、私も「ホンモノ」を追及していきたいと思います。
今回の取材では、とても大事なことをたくさん教えていただきました。みなさんぜひ心の音楽祭に足を運び、それぞれの「繋がり」を新たにつくったり、再度確かめてみませんか。
インタビューにお答えくださった打越さん、大変貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。

東北1000プロジェクト 藤澤

このプロジェクトの詳細はこちら!

心の音楽祭実行委員会

音楽を通して出来た繋がりを絶やさずに、「繋がれる街・石巻」を目指して!

活動テーマ: まちづくり  芸術・文化 

活動対象: 一般(対象問わず) 

活動地域: 宮城県  石巻周辺 

  • 応援数:
  • 737回
  • バッチ数:
  • 0個

詳しく見る


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
185,352
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!