東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年6月7日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

さらし手ぬぐいプロジェクト

さらしてぬぐいぷろじぇくと

被災地の就業支援のみならず、支援者の継続的活動をバックサポートを視野に入れたプロジェクトです。

活動テーマ

生活支援  まちづくり  芸術・文化  商業  工業 

・現時点だけでの支援だけでなく、成長性、継続性のある産業としての発展を見込んでいます。

支援対象: その他 

被災地の就業を支援するとともに、支援に入っている人のバックサポートも展開します。
長期的産業の発展にも寄与するものです。

活動地域: 宮城県  気仙沼周辺  宮城県(その他) 

継続的に就業支援を必要とする被災地とのマッチングを図っていきます

プロジェクト発足日:2012年4月

掲載開始日:2012年06月07日

活動中のメンバー人数

現在活動中の人数:8名/延べ人数:8名

Q.
どんなプロジェクト?

東日本大震災後の風化や資金が立ち行かなくなったことによるボランティア撤退。まさにこれから始まる本当の復興活動に足止めがかかっている状況の中で、志ある支援者が継続的な支援活動を行っていくためには、支援者をもバックサポートする仕組みが必要です。「さらし手ぬぐいプロジェクト」では被災地と支援者を繋ぐ新たな支援の形を目指します。

【内容】
被災地へ自立支援としての職を提供し、且つ、継続的なボランティア等の支援活動を行なっている支援者をバックサポートする仕組みを提供します。
具体的には チャリティー商品である、さらし手ぬぐいを被災地で制作し、工賃を発生させるとともに、その地域で活動する支援者に売上金の一部を還元します。被災地にとっては自らを支援してくれている支援者に対する恩返しを行うことができ、また販売者にとっては被災地の自立支援、支援者を支援するという2重のバックサポートを継続的に行うことができます。仮設住宅がなくなっても工場を残し、継続的な産業に発展することを視野に入れています。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

今後もっとも重要視されるべき支援の形は、継続性・成長性があることと、被災地、支援
者それぞれの自立が促されることだと考えます。長期的な目で仕組みづくりをしていま
す。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

染め、包み、書道家、デザイン、企画など、それぞれの分野の専門家が企画の価値を十分に理解した上で関わっています。強みを生かした商品の開発と仕組みづくりができると考えます。メンバー全員が女性。運営団体「伊達女(だてのくのいち)」という名前のとおり、影で支える日本の伝統的女性、そして女忍者をイメージしています。

FREE SPACE

プロジェクトでは手ぬぐい製作に使用する「サラシ」の提供を呼びかけています。
また、プロジェクトを私たちとともに担っていただける方も随時募集中です。


伊達女プロジェクト及び「さらし手ぬぐいプロジェクト」が取材を受けました。
6月18日月曜日6時15分からのKHBスーパーJチャンネルにて放映される予定です。
よろしければご覧ください。

代表者プロフィール

小濱裕美

小濱裕美

こはまひろみ

株式会社ジェルブとエスプリ代表
雄勝石復興プロジェクト代表

仙台在住の女性で、日本文化に造詣の深い女性やITや製造・販売ノウハウなど運営面での得意分野を持つメンバーを中心に構成されています
主な活動は、被災東北6県で復興に寄与したい思いを具現化し継続的な事業の創出につなげることです

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 伊達女プロジェクト
所在地 〒980-0803  宮城県仙台市青葉区国分町三丁目3-5-8F  ジェルブ定禅寺内
TEL / FAX TEL:022-397-7488 
メールアドレス info@datenokunoichi.com
ホームページ なし(作成予定)
Facebook http://facebook.com/sarashitenugui/


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
186,290
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!