東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年9月3日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

海岸林再生プロジェクト

かいがんりんさいせいぷろじぇくと

10年間で100ヘクタールの海岸林を再生します!

活動テーマ

生活支援  農業・林業・畜産  環境回復 

支援対象: その他 

人を対象にした支援ではありませんが、育苗作業に携わる人たちを対象にした生計支援は行います。

活動地域: 宮城県  県南 

プロジェクト発足日:2011年9月

掲載開始日:2012年09月03日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数: 20名 / ボランティアを含めた参加延べ人数: 300名

Q.
どんなプロジェクト?

[概要]
10年計画で、宮城県名取市を中心に100ヘクタールの海岸林を再生するため、50万本の苗木を生産。
苗木生産は、被災した農家を中心に立ち上げた「名取市海岸林再生の会」が担う。

[目的]
海からの塩分を含んだ風や飛砂からあらゆる産業や人々の生活を守るために400年前から存在していた海岸林が津波で失われてしまいました。復興に欠かすことのできない海岸林の再生を、その土地に住む人たちが取り組むことで彼らの生計支援にもつなげます。

[内容]
*名取市にある育苗場で10年間にわたり50万の苗木を生産。
*国や県の復興計画に基づき、海岸林の再生を行う

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

海岸に植えるのはクロマツです。2012年の3月に種子をまいてから芽が出るまでに約1ヵ月かかりました。海岸に移植するまでにさらに3年はかかります。海岸林の再生は長い年月のかかる活動です。
今回の震災で被害を受けた海岸林の再生は急務ですが、この活動を通じて、日本全国どこにでもある海岸林の役割を多くの方が知り、その保全に向けて行動できるようになってくれたらいいなぁと思います。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

中心となっている「名取市海岸林再生の会」のメンバーは被災した農家の方々が中心ですが、この活動をサポートするため、全国に「クロマツお助け隊員」が少しずつ増えています。地元の人たちの「なんとか海岸林を再生させたい」という思いをお助け隊員がいろいろな形でサポートしています。

FREE SPACE

10年間で10億円の資金が必要です。皆さんのご協力をよろしくお願いします。

代表者プロフィール

吉田 俊通

吉田 俊通

よしだ としみち

啓発普及部課長、海岸林再生プロジェクト担当。2011年3月14日に起案。17日に林野庁に協力申し入れ。元林業会社勤務。

【代表より一言】
海岸林は日本全国いたるところにあり、古くから苦労して、人の手で育てられてきた社会のインフラです。地元の農家の方たちと昨年の5月には再生を誓いました。長い仕事、健康第一で気合を入れて頑張ります。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 公益財団法人オイスカ
所在地 〒168-0063  東京都杉並区和泉3-6-12
TEL / FAX TEL:03-3322-5161  FAX:03-3324-7111
メールアドレス oisca@oisca.org
ホームページ http://www.oisca.org/kaiganrin/
ブログ http://www.oisca.org/kaiganrin/blog/
Twitter http://twitter.com/oisca_japan
Facebook http://www.facebook.com/OISCA


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
186,288
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!