東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年9月4日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

被災地情報発信マガジン「こころ通信」

ひさいちじょうほうはっしんまがじん「こころつうしん」

被災地、被災者に寄り添いながら「こころ通信」は地域のことを考え、発信し続けています。

活動テーマ

生活支援  教育  まちづくり  情報発信  芸術・文化  農業・林業・畜産  漁業・水産業  商業  工業  災害支援 

支援対象: 一般(対象問わず) 

被災者

活動地域: 岩手県  宮古  岩手県(その他) 

宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村

プロジェクト発足日:2011年12月

掲載開始日:2012年09月04日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:6名
ボランティアを含めた参加延べ人数:6名

Q.
どんなプロジェクト?

被災地の情報を収集しながら、被災者のための情報を提供し、かつ被災地外への情報の提供も行なっています。

【目的】
被災地で、被災地に住む我々自身が、「被災者が求めている情報」「被災者が知らない必要な情報」「ふるさとのこと、被災地のことを知りたいと思っているすべての人達へのメッセージ」を発信することで、被災者のストレスを軽減し、また風化を防ぐことを目的としています。被災地の人間がほっとしたり、楽しんだりできる紙面づくりをすることで、他とは違う、楽しい情報誌を目指しています。

【活動内容】
毎月1回、8Pフルカラーの冊子を制作、自分たちでおよそ4000世帯の仮設住宅へ配布しています。
また地域外への避難者の方々にも、市町村を通じ郵送配布を行なっています。
そのほか、ほぼ毎日、地域で起こった出来事をブログで更新し、情報発信を行なっています。
被災者の現状、被災地の現状、地域資源、地域活動の復興状況、支援活動の現状など、多くの現状を把握しながら、必要な情報を収集し提供しています。
被災地の悲惨さをPRすることではなく、こんな頑張りがある、こんなふうに復興している、など、前向きで楽しい話題を中心にお伝えすることが必要だと考え、行動しています。
地域のニーズを敏感に捉えることができる地元の人間の活動として差別化を図っています。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

派手なPRなどはせず、地道に被災者に寄り添うことで、少しずつ「こころ通信」は浸透してきています。待っている方々へ「こころ通信」をお渡しすることが、何よりも嬉しく、楽しい瞬間です。
いろいろな人に会い、少しずつ前に進んでいると言う感覚がモチベーションとなり、次につながります。派手なことや1回で終わる活動ではない、被災地にとって必要なものになれるよう頑張っています。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

メンバーは若い人達で構成されています。皆が地元を愛し、今後を憂い、何かしたいと集まっています。自分たち自身が楽しみながらいいものをつくり上げることで、それが紙面の内容として大勢の人に伝わっていると信じています。
編集等の作業は全員未経験であり、一から手作りで作り上げました。紙面デザインも自分たちで行なっており、そうやって自分たちでやっていることに全員が誇りを持って取り組んでいます。

FREE SPACE

こちらから提案し、県の事業として行なっているのですが、来年以降どうなるかは決まっていません。
メンバー全員がその事業で雇用されていることもあり、事業がなくなれば失業してしまうと同時に、地域に寄り添ったフリーペーパーがなくなってしまいます。何らかの形で継続していきたいと考えていますが、本体である水産加工業も復活していません。
思いを形にし続けていくためにも、激励や様々な支援を求めています。
よろしくお願いします。

代表者プロフィール

近藤和也

近藤和也

こんどうかずや

水産加工・販売の会社として営業していたが、震災で被災。災害エフエムなどでボランティアをしながら、会社の再建に取り組んだ。その際、首都圏への営業などを行なっていたが半年もたたない状態で風化を実感。このままではいけないと情報を発信していく重要性を実感し、ネットと冊子で情報を発信することを決意。岩手県の補助を受けながら、被災者のため、被災地のために取組を続けている。

【代表より一言】
被災地の人間が被災地の現状を発信すること、また被災者へ情報を提供し続けることは、自分たちが今後自ら立っていくために必要なことだと思い、活動を続けています。今後も続けていくために支援をお願いします。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 合同会社サネバネ本舗
所在地 〒027-0082  岩手県宮古市向町3−32
TEL / FAX TEL:0193-77-3099 
メールアドレス sanriku.news@gmail.com
ホームページ http://kokorotsushin.net
ブログ http://ameblo.jp/sanrikunews/
Twitter https://twitter.com/#!/SanrikuNews
Facebook http://www.facebook.com/kokoro.tsushin


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
191,062
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!