東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年10月3日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

福島の野菜を食べる会

ふくしまのやさいをたべるかい

おいしい福島の野菜を食べることは、原子力に頼らない未来につながります。

プロジェクト発足日:2011年4月

掲載開始日:2012年10月03日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:5~6名
ボランティアを含めた参加延べ人数:30名

Q.
どんなプロジェクト?

福島で農業を続けていらっしゃる方々と野菜を食べたい人、野菜を売りたい人をつなぎます。

【目的】
福島で風評被害に遭っている農家の方々の問題を少しでも改善することが目的です。

【活動内容】
・毎月2回、泉崎村・白河市の野菜を通信販売しています。
 1箱2000円(送料込み)で、20~30名程度の方が買ってくださいます。
 プロの料理家によるレシピがプロの写真家による美しい写真入りでついて来ます。

・ときどき、イベントで販売を行います。
 2012年度は2回行いました。

・イベントで福島の野菜を販売したいというボランティアの方と生産者の方をつないで、
  仕入れのお手伝いをいたします。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

全員がボランティアです。福島のために何かしたいという熱い思いを持った仲間との出会いが魅力です。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

メンバー約30人のうち、約半数が福島県出身者。熱いハートと行動力が信条です。

写真は愛媛FCのサポーターさんが福島の野菜を販売してくださったのを仲介した際のもの。

FREE SPACE

代表者プロフィール

川村研治

川村研治

かわむら・けんじ

おいしい野菜と野良仕事を愛するサラリーマン。本職は環境教育のコーディネーター。
30年くらい前に原発に疑問を抱き、学習会やら集会やらに参加するも原子力政策を変えることができなかった思いを心の片隅にそっとしまっておきました。原子力事故の被害に対して、何らかの行動を起こしたいと思い、福島の農家さんと共にできるプロジェクトを立ち上げました。

【代表より一言】
福島の野菜を毎月通販しています。ときどき、直売会も行います。ご縁がありましたらどこかでお会いいたしましょう。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 福島の野菜を食べる会
所在地 〒ー--  ー
TEL / FAX TEL:090-6134-6875 
メールアドレス fukuyasai@gmail.com
Facebook http://www.facebook.com/hukushima.happy.vegetable


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
190,797
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!