東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年10月23日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

東北の伝統文化応援プロジェクト

とうほくのでんとうぶんかおうえんプロジェクト

祭りで復興、故郷の街  東北各地に伝わるお祭りや伝統芸能への支援を通じてふるさとの復興応援をいたします。

活動テーマ

教育  まちづくり  情報発信  芸術・文化  災害支援 

支援対象: 一般(対象問わず) 

活動地域: 宮城県  石巻周辺  岩手県  大船渡  岩手県(その他)  福島県  山形県  秋田県  青森県  その他(県) 

全国各地で山車の引き回し・石巻市立大川小学校にメッセージを届け・陸前高田市に祭り山車の寄贈  

プロジェクト発足日:2011年8月

掲載開始日:2012年10月23日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:20名/
ボランティアを含めた参加延べ人数:1500名

Q.
どんなプロジェクト?

流失した祭りの山車を熊本で制作、2012年7月10日に陸前高田に届けました。山車は七夕祭り実行委員会に寄贈され、熊本と岩手の友情の証として、今後何十年も高田の方々に大事にしていただけるものと信じています。

2013年は陸前高田市に限らず、祭りの山車、御輿、舞台などを必要とされるところにお力添えをする活動をしていきたいと考えています。祭り・郷土芸能に必要なものであれば何でも支援の対象に致したいと思いますので、ご連絡をくだされば幸いです。
東北各県の郷土芸能と九州の郷土芸能の交流を深めるイベントも、全国各地で開きたいと考えています。
ご希望があれば何なりとお知らせください。

[内容]
2011年12月に陸前高田を訪問、山車を熊本で制作し、陸前高田市に贈呈することを提案 、設計図が届き次第制作にかかり、1月中には台車を完成する予定でしたが、図面の発送が3月にずれ込み、2カ月遅れのプロジェクト開始となりました。山車の完成が遅れたことで飾り付け作業、支援金募集など全ての活動に影響が及ぶ中で大川市では支援委員会を立ち上げて頂き、6月8日・9日に同市内で曳き回しを行うことを決定、それを期に各地での支援活動が本格化しました。熊本中心街アーケードで初運行し、熊本県庁ロビーに展示、7月1には東京・新宿区主催『社会を明るくする運動パレード』に参加、新宿東口大通りでお披露目することができました。その後、神奈川県平塚市の七夕祭りにも参加し、陸前高田市の七夕祭りの前に山車を届けて今回の活動を終えました。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

祭りの山車を制作し、形ある贈り物をするという計画が非常に分りやすいプロジェクトだったので、全国各地の方々に心から協力していただけたこと、賛同がいただけることで思いがけない相乗効果(すたれかかっていた祭りの復活に一役買うことが出来た)があったことなど、この事業をやることで得たものの大きさに改めて感謝しています。
今後も積極的に祭りを通じた支援活動を続けていきたいと願っています。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

今回のプロジェクトには多数の人々の力をいただき、多くの学生に積極的な役割を担っていただきました。特に熊本大学の学生たちが山車の飾り付けから各地での打合せと運行、後始末まで協力してくれた事が大きな力になりました。彼らの力なくしては成功はおろか何一つできないままに終わったことと思います。改めて深く感謝するとともに、今回の活動がこの後、彼らの体験として役に立つことを願っています。

FREE SPACE

絶対的な時間不足で、当初計画した山車運行の半分も実行できず、更に梅雨の合間をぬって運行するなど、綱渡りしながら活動をした半年間でした。そのような苦労を重ねる中で、多くの方に祭りを楽しんでいただけたことが最高の思い出になりました。大川市をはじめ、新宿でも、平塚市でも、陸前高田市以外の方たちまで涙を流して喜んでおられる姿を見たとき、このプロジェクトを進めた主催者として事業をやって良かったと心から思いました。
今後もこの活動を続けたいと思います。

祭り復活に支援をお望みの団体がございましたら精一杯協力させていただきたいと考えています。 
また私達と一緒に祭りの復興活動に参加していただける方々とご一緒したいと思います。2013年も日本の伝統文化である祭りを通じて、被災地各所を応援していきますので、皆様のご協力をお願いいたします。
興味をお持ちの方からのご連絡をお待ちしています。

代表者プロフィール

理事長 帆足 秀樹

理事長 帆足 秀樹

ほあしひでき

事務局長の帆足です。委員長多忙の為、代わってご挨拶致します。 
私は長年 旅行業に係っていた関係から東北各地に多くのご縁がありましたので、震災の直後より『祭りくまもと東北応援隊』を組織して各地の避難所を巡回、慰問を致しました。その時、東北各地の郷土芸能も大きな打撃をうけたに違いないと考え、祭りを通じて復興のお手伝いをしようと、委員長をはじめ熊本の有志にこの活動を提案致し、実行させて頂きました。

【代表より一言】
私達はこれからも東北の皆さんと一緒になっていきたいと考えています。
それぞれの祭りと故郷とは切っても切れないものだと思います。
祭りの復興を通じた故郷の再生にこれからもお手伝いを致したいと考えています。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 うごく七夕支援活動委員会事務局   NPO法人 ふるさとの夢と文化を育てる会
所在地 〒861-8029  熊本県熊本市東区西原2丁目25-6
TEL / FAX TEL:096-284-3131  FAX:096-382-1348
メールアドレス furuyume@live.jp
Facebook http://www.facebook.com/matsurikumamoto


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
188,641
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!