東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2013年1月21日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

女川町支援活動

おながわちょうしえんかつどう

女川町内の仮設住宅や在宅避難者に向けた、寄り添う活動をモットーにしてます。

活動テーマ

生活支援  教育  漁業・水産業  災害支援  その他 

我々は職業こそ多岐にわたっていますが普通のサラリーマンの集まりです。
活動の種別にとらわれない現地のニーズから、我々に出来ることを模索して活動しております。

支援対象: 一般(対象問わず)  女性  子供  高齢者  障がい者 

活動地域: 宮城県  石巻周辺 

プロジェクト発足日:2011年4月

掲載開始日:2013年01月21日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:20名
ボランティアを含めた参加延べ人数:290名

Q.
どんなプロジェクト?

震災から半年は災害支援として、リクエスト物資のお届けや各種炊き出し、子供向けレクリエーションを主とした活動しておりました。
現在は、仮設住宅や在宅避難者を対象とした、住民のコミュニティ形成のサポート。

【目的】
イベントや青空昼食会(炊き出し)を行うことをきっかけとし、住居から出てきていただくことで居住者間のコミュニティ形成作りをサポート。
ミニLIVE、ワークショップ、ネイルサロン、マッサージ、子供向けレクリエーション、パフォーマンス、花火大会、すいか割り、餅つき大会、BBQ大会など。

【活動内容】
現在は女川町内の仮設住宅各所、及び在宅避難者宅で、2ヶ月に1度の頻度で活動してます。
青空昼食会は、夏場は夕方開催。冬場は集会場内で開催。
メニューは叙々苑さん支援のお肉でBBQ。人形町今半さん支援のお肉を使ったすき焼きパーティ、ほか。
女川向学館(放課後スクール)さんへの協力として、イベント収益金の寄付、教員チーム派遣、日々の消耗品であるコピー用紙の長期支援先を紹介。
東京で出来る女川町支援として、東京のイベントへ出店(女川町観光協会さんとコラボ)し、女川町の物産販売や、女川町名物(秋刀魚塩焼きやすり身汁)を販売。同時に立ち上がった企業や商店の紹介。
その他、被災地への関心低下を防ぐため、年に1度地元の区民ホールを1日貸し切りチャリティーコンサートを開催。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

年間の事業計画をたてて活動しておりますが、被災地のフェーズは刻々と変化してます。
今何が求められているのか、今後は何が必要なのかを多くの方から情報を収集し選択することで、お互いに無理のない継続的な活動を行っております。
毎回、初めての企画に取り組めるのは、メンバー全員が考え・行動してくれるからです。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

メンバーの構成は下は20代の学生~上は50代で、30代が中心となってます。
多岐にわたる職業の方が集まってます。 男女の構成は女性6割、男性4割です。
最近は女性ばかり増えてきてます。
雰囲気は皆明るく元気で、活動中はきちんと真摯に取り組み、オフはよく喋り、笑い、お酒が強い印象です。
大きなことはできない支援団体ですが、多くの方に寄り添えるよう心かげて活動しています。

FREE SPACE

東京でも出来る被災地支援活動の一環としまして、町内のイベントや港区のイベントへの出店。
チャリティーコンサートの開催があります。
これらのイベントをきっかけとしまして、被災地の現状紹介や、立ち上がった企業や商店の物産販売、敢行紹介などを行っております。
男女年齢を問わず、一緒に手伝っていただける心あるスタッフを募集しております。




イベントご案内
第3回 東日本大震災チャリティーコンサート
“頑張っぺ東北!” 今、我々にできること!
東京でも出来る被災地支援活動の一環としまして、啓発目的のチャリティーコンサートを開催いたします。
メディアではほとんど放映されなくなり、東北被災地への関心が薄れている現状があります。
コンサートを楽しみながらも、東北へ思いを寄せる1日を、ご一緒できたらと思います。

随時、弊会のWEBに開催内容の情報をUPしていきますので、ご覧ください。

◆開催日 : 2013年5月25日(土)  開演10:00  閉演18:00
◆開催場所 : 東京都港区「高輪区民センター 区民ホ-ル」
◆入場料 : 無料
◆共 催 : 東北被災地応援団 白金支部、港区尚礼会町会
◆協 力 : 日本経済新聞社、女川水産加工研究会、REALeYE、女川町観光協会
◆ステージ・・・8組の出演者と、4組の講演者を予定。 
◆ロビー・・・東北の復興商品販売、日本経済新聞社による報道写真パネル展示、洋裁小物の無料配布、女川町紹介、大抽選会など

あの有名な方が、出演されますので、是非お越しくださいませ。





代表者プロフィール

工藤史大

工藤史大

くどうふみひろ

港区のデザイン・企画・印刷会社で働いています。
日々前進をモットーにクライアントのニーズを引き出し物造りに邁進中。
既婚で2歳の娘がいます。
趣味は、休日に娘と出かけること、サッカー、BBQ、スキー、ゴルフなどをしております。

【代表より一言】
我々は震災以降、人に寄り添う活動を心がけています。
大きなことはできませんが、草の根的に出来ることを継続しています。
宮城県の女川町、とても素敵な町で、一度行くと心温かい女川人に惹かれます。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 東北被災地応援団 白金支部
所在地 〒---  -
TEL / FAX TEL:----- 
メールアドレス onagawashien@aol.com
ホームページ http://onagawa.e-ouen.jp


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
188,643
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!