東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2013年3月5日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

Youth for 3.11

ゆーす ふぉー さんてんいちいち

「力になりたい。」そう思った人のうち、どれくらいの人が行動に移せたんだろう。

プロジェクト発足日:2011年3月

掲載開始日:2013年03月05日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:40名
ボランティアを含めた参加延べ人数:12,000名以上

Q.
どんなプロジェクト?

最小限の準備で参加できるハードルの下がったボランティアプログラムを学生に提供しています。
交通、宿泊、寝袋等の無料貸出を行い、事前研修から活動を0円から参加できる、低負担・低コストのプログラムを実現しました。

【目的】
被災地支援には多くのボランティアの手が必要だったにもかかわらず、学生にとって災害ボランティアは参加のハードルが高いものでした。宿泊、食料、交通手段、NPOとの交渉などを自ら準備しなくてはならないからです。そこで私たちは、学生への様々なサポートを担い、活動までの全てをパッケージ化した
低コスト、低負担なボランティアを開発し、ハードルの低いボランティアの機会を提供することで、復興の一助となることを目的としています。

【活動内容】
① 学生の力を届ける
 学生の持つ若さや時間などの特徴を最大限に引き出し、 社会に還元するボランティアプログラム作りに
 尽力していきます。 特に、ハードルの低いプログラムを提供することで、学生の「力になりたい」という
 想いを実現させる環境を整えていきます。

② 気づきの場を提供する
 ボランティアに参加した学生へ気づきの場を提供し、 震災の経験を負の経験として終わらせず、長期的な
 価値の創出を目指します。(研修やリフレクションにおいて、学生自身がボランティアを通して得た
 気づきを整理し、次の活動に繋げる環境を提供。)

③ 未来に繋げる
 活動における経験/仕組み/知見/人の繋がりを蓄積・解析し、後世に伝え、未来に繋げていきます。
 (学生からレポートや日報を提出してもらい、その経験を蓄積・発信。)

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

ボランティア登録者数が10,929名、ボランティア参加者数が延べ13,426名と、学生で復興支援を行う日本最大の団体です。東北以外にも、和歌山や京都、九州等の水害にも迅速にボランティア派遣を行ってきました。ボランティア活動で構築された知見を生かし、将来の災害に対して迅速に対応することができるプラットフォームを目指しています。
"学生であっても社会を変えることができる"ことを、本気で感じられる団体です。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

東京と京都に活動拠点があり、様々な大学からバックグラウンドの異なる学生が集って活動しています。
それぞれ熱い想いを持ち、各自が自分の強みを生かした取り組みから復興支援に取り組んでいます。"学生だからできることが限られる"のではなく、"学生だからこそできること"を真剣に探し、被災地のことを思っているメンバーばかりです。ミーティングでは真面目に議論し、それ以外のときは和気あいあいと楽しく活動しています。

FREE SPACE

【ボランティア参加者募集】
ハードルの低いボランティアに関心のあるかたは、まずはボランティア登録を。
様々なボランティア情報が届くので、自分の都合の良い時に参加できます。
ボランティア登録⇒ http://youthfor311.com/join/


【運営メンバー募集】
誰かの力になりたい、経験を積んでみたい、とにかく何かしてみたい・・・
まずは見学からYouthを覗いてみませんか?
詳細ページ→ http://youthfor311.com/recruit/


【Youth for 3.11への寄付/サポートのお願い】
私たちは学生にとって参加しやすいボランティアの機会を提供し、一日も早い復興を目指しています。
そのために集まった寄付やサポートは全てYouth for 3.11の活動に活用させていただきます。
詳細ページ→ http://youthfor311.com/donation/


代表者プロフィール

河合 信哉

河合 信哉

かわい のぶや

埼玉大学理学部基礎化学科 学部3年
東日本大震災後,陸前高田,気仙沼で人生初のボランティア活動をおこなったことがきっかけで帰ってきてからも東北と関わり続けたいと当団体で復興支援活動を開始。
「チカラになりたい学生」の想いをカタチにするため学生が行動しやすい環境づくりに努め多くの学生を巻き込み復興を目指す。

【代表より一言】
学生の力は微力ですが無力では無いはず。多くの学生が東北に行くことで現地の方の一助となれば,と思います。学生が東北で活動する際のハードルを下げ,みなさんの一歩をサポートします。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 特定非営利活動法人 Youth for 3.11
所在地 〒170-0052  東京都杉並区南荻窪1-33-21
TEL / FAX TEL:070-6480-8530 
メールアドレス youthfor3.11@gmail.com
ホームページ http://youthfor311.com/
ブログ http://d.hatena.ne.jp/youthfor311/
Twitter https://twitter.com/Youth_for_311
Facebook http://www.facebook.com/youthfor311


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
188,643
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!