東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2013年4月2日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

アルパカかわら版

あるぱかかわらばん

東北の未来を考える

活動テーマ

情報発信 

支援対象: 一般(対象問わず) 

活動地域: その他(県) 

東北全般

プロジェクト発足日:2013年6月

掲載開始日:2013年04月02日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数: 33 名
ボランティアを含めた参加延べ人数:60 名

Q.
どんなプロジェクト?

東北の復興のため現在もさまざまな活動を行っている企業・団体の視点からとらえ、被災地の状況や復興状況をHPや紙面で発信し、東北創生について考えるプロジェクト

【目的】
2011年3月11日に起こった東日本大震災に現在も様々なかたちで携わられている地元の方々・企業(地元・県外)・ボランティア等の目線でとらえた現在の被災地域状況を情報発信し、東北の未来について考える。

【活動内容】
アルパカかわら版編集委員会として、TEAMみちのく、一般社団法人いがすファームと協力しながら以下の活動を行っている。
・取材やHP・紙面の企画・打ち合わせ(取材先調査・連絡・日程調整等)
・企業・団体への取材実施(直接企業や事務所に出向き、インタビューをする)
・取材内容の編集(文字おこし、文章の構成等)
・HPの作成・編集・更新
・Facebook、Twitterでの情報発信(取材情報、更新情報等)

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

・実際に現地で活動している学生、団体が情報発信をするため、利益のことを考えずに、
 取材先企業・団体の率直かつ素直な意見を聞くことができる。
・紙面では4つの企業・団体を紹介するため、その4つの活動や意見を比較することが出来る。
 取材先企業や団体にとってもプラスとなる。
・企業や団体等、たくさんのつながりを増やすことが出来る。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

宮城大学学生団体OSPが多賀城でボランティア活動をする際に協力させていただいていたTEAMみちのく、一般社団法人いがすファームの方と共にこのプロジェクトを立ち上げました。企業や団体の方から貴重なお話を聞かせていただきながら、とても楽しく活動しています。

FREE SPACE

アルパカかわら版に出演したいという企業・団体様がいらっしゃいましたら、
メールにて連絡お願いいたします。

メールはこちらへ
件名は「アルパカかわら版・取材依頼」として、企業・団体名、​担当者のお名前、連絡先、企業・団体のHPのURLを記入し送信お願いいたします。 


代表者プロフィール

水野 佑香

水野 佑香

みずの ゆか

宮城大学事業構想学部事業計画学科所属。1993年12月4日宮城県生まれ。
青森県八戸育ち。小学校から高校までバレーボールに打ち込み、心身ともに強く育つ。
大学入学すると、何かボランティアしたいと考えOSPに参加。バレーボールで培った
精神が見込まれ、代表に就任。好きな食べ物は肉。趣味はスポーツ観戦。

【代表より一言】
「東北創生」という大きな目標を持って活動しています。
そのためには何年経っても、OSPは震災復興に関連した活動を継続させていきます。
みんなでより一層活動に励んでいきます!

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 宮城大学学生団体OSP
所在地 〒ー-ー  ー
TEL / FAX TEL:ー-ー-ー 
メールアドレス onesecondproject@gmail.com
ホームページ なし
ブログ http://ameblo.jp/myu-osp/
Twitter https://twitter.com/myuosp
Facebook http://www.facebook.com/onesecondproject


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
191,094
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!