東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2013年4月11日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

震災で消えた小さな命展

しんさいできえたちいさないのちてん

私たちが描く絵によって、亡くなった動物たちと飼い主さんの心をつなぐことができたら…

活動テーマ

教育  情報発信  災害支援  芸術・文化 

支援対象: 一般(対象問わず) 

活動地域: 宮城県  岩手県  福島県  山形県  秋田県  青森県  その他(県) 

被災者の方たちは、全国各地に避難しておられるので。

プロジェクト発足日:2011年10月

掲載開始日:2013年04月11日

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:1名
ボランティアを含めた参加延べ人数:280名

Q.
どんなプロジェクト?

被災者の方から申し込みのあった動物たちの絵を、絵本作家や画家、イラストレーターたちが無料で描き、各地で展覧会(入場無料、一部入館料が必要な施設もあります)を開催した後に、その絵を被災者の方に贈ります。

【目的】
「震災で消えた小さな命展」には2つの目的があります。
(1)申し込まれた被災者の方に絵を贈ることで、亡くなった動物の心と残された人たちの心を
   つなぎたい。
(2)「動物も人間と同じ命、大切な家族だ」ということを伝えたい。被災地以外の各地でも巡回展を
   行うのはそのためです。目の前の動物たちの運命を決める立場になった方が、
   その小さな命の行き先を判断する時、この絵画展のことを思い起こしていただきたいのです。

【活動内容】
パート1では58名、パート2では94名の絵本作家や画家、イラストレーターたちが賛同し、被災者の方たちから希望をうかがい、亡くなった動物たちのその「小さな命」を絵の中によみがえらせました。
パート1では、愛知→宮城→岩手→東京→台湾→和歌山と10会場で開催し、巡回展を終えた後、被災者の方たちに絵をプレゼントしました。

パート2では、前期:千葉→宮城→岩手→山形→愛知(西尾)→長野の10会場、後期:富山→京都→兵庫→愛知(名古屋)→東京(新宿区)→福岡→鹿児島→沖縄→台湾→大阪→和歌山→東京(千代田区)→岩手の13会場での巡回展を全て終えた後、被災者の方たちに絵をプレゼントします。

また、会場内のスペース、会議室、小学校等で、「命の大切さ」「命の平等」についての講演会を行っています。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

被災者の方たちは、絵の中の子たちに会うために、何度も会場に足を運んでくださったり、遠方から逢いに来てくださったりするのですが、「やっと逢えたね…」と涙され、でも最後には笑顔に変わっていかれます。また、巡回展を終えて、絵をお渡しするときには、「迎えに来たよ!」「おかえりなさい!」と言って、絵の中の子を抱っこして帰って行かれます。その様子を拝見するたびに、胸がいっぱいになります。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

動物を家族として大切に思っている多くの方たちが、参加して下さっています。その中には、被災地や福島の警戒区域での動物の保護活動に参加されている方も多数おられます。絵を申し込んで下さった被災者の方がボランティアとして参加して下さることもあります。

FREE SPACE

【募金のお願い】
「震災で消えた小さな命展」は無料で開催しておりますが、経費が結構かかってしまいます。
ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご協力いただけると助かります。

振込先
◆ゆうちょ銀行 → ゆうちょ銀行 ※手数料無料※
 記号:10530 番号:44666921 名義:チイサナイノチテン
◆その他の銀行 → ゆうちょ銀行
 店名:058 預金種目:普通預金 口座:4466692 名義:チイサナイノチテン
 ※口座番号が1ケタ少ないのですが、間違いではありませんのでご安心ください※

【ボランティア募集のお願い】
各会場では、搬入・搬出・絵の運搬・会場係等のお手伝いをして下さる方を募集しております。
連絡先 : chiisanainochi49@yahoo.co.jp

代表者プロフィール

うさ

うさ

うさ

愛知県犬山市出身。上京後、俳優業・詩・芝居脚本・演出等を経験しながら絵を描き続ける。2003年、初めて描いた絵本『ひとやすみ』が絵本コンテストで大賞を受賞。それがきっかけとなり絵本を描くようになる。現在千葉県にアトリエを構える。2011年10月、宮城県沿岸部へボランティアに行き、被災者の方たちや現地のボランティアさんたちからお話を伺ったことがきっかけとなり、『震災で消えた小さな命展』の開催を決意。

【代表より一言】
人も動物も虫も植物も、一つの体に一つの命、すべて同じ大切な命です。
ひとりひとりの心次第で、助けられる命はたくさんあります。命に順番をつけないような世界になることを願っています。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 震災で消えた小さな命展
所在地 〒---  -
TEL / FAX TEL:090-3135-2008 
メールアドレス hello@chiisanainochi.com
ホームページ www.chiisanainochi.com
ブログ http://chii-ten.blogspot.jp/
Twitter https://twitter.com/inochi_ten
Facebook http://www.facebook.com/inochiten


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
186,287
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!