東北1000プロジェクトのサイトが新しくなります。詳しくはこちら。
掲載中のプロジェクトは、引き続き閲覧いただけますが、情報の更新は終了しています。

このプロジェクトの情報は、2012年3月19日に掲載されました。掲載から時間が経っている場合は
最新の活動状況と異なる場合があります。ご留意の上、参考程度にご覧ください。

福島県移動保育プロジェクト「ポッケア」

ふくしまけんいどうほいくぷろじぇくと「ぽっけあ」

福島県内の子どもたちの放射線被曝を軽減し、のびのびとした屋外活動や体験学習の機会を創出しています。

活動テーマ

保険・医療  福祉  生活支援  教育 

支援対象: 女性  子供 

活動地域: 福島県  会津  中通り 

プロジェクト発足日:2011年7月

掲載開始日:2012年03月19日

活動中のメンバー人数

現在活動中の人数:10名/延べ人数:30名

Q.
どんなプロジェクト?

福島県内に住む未就学児を主とした小学生以下の子どもたちは、放射線の影響によりほとんど外で遊ぶことができない状況が続いています。
そんな子どもたちを対象に、放射線量の高い地域から低い地域へ日帰りで移動して保育することで、子どもたちの放射線被曝と親の不安を軽減します。

【目的・内容】
福島県内でも放射線量が高いと言われる県中・県北地域の子どもたちを、線量が低いと言われる会津・県南地域へ(1時間程度で移動できる距離が目安)車で移動させて保育します。現在は月に3~4回程度、一回あたり10名程度の子どもたちを移動保育しています。実施時は保育スタッフも同行し、さらには移動先で自然や地域の方々と接する機会を設けることで子どもたちの自発性や積極性を育むプログラムも提供しています。
次代を担う子どもたちの放射線被曝やストレスを軽減するとともに、親の不安も軽減することで心のケアを行い、福島県の復興を目指すことを目的としています。

Q.
このプロジェクトの魅力・アピールポイントは?

当プロジェクトは子どもたちとその親の「笑顔」に直接つながる取り組みですので、それが最大のやりがいです。また、活動の様子を見た保護者から「福島で生きていく希望が見えた」などのご意見もよくいただき、多くの方々の人生に寄与できることも大変魅力を感じています。

Q.
メンバー紹介・雰囲気について教えてください。

現在は多くの方々の善意で活動しています。仕事をしながらボランティアで参加してくださったり、授業の合間に参加してくれる学生などに支えられています。また、現地活動以外にも情報発信や事務処理などのご協力もいただいており、非常に前向きな雰囲気で活動しています。

FREE SPACE

先の見えない不安というものはそう簡単に解消できるものではないと考えています。
そのため、当取り組みも「定期的に継続的に」実施する必要を感じており、さらにはそのことを周知させることが必要だと感じています。
次代を担う子どもたちとその親の心理的ストレスを少しでも軽減し、「福島で育って良かった」と子どもたちが思える環境を創造していきたいと強く考えます。

代表者プロフィール

上國料 竜太

上國料 竜太

かみこくりょう りゅうた

2011年の福島第一原発事故による影響で、福島県内は先の見えない放射線問題という不安を抱えている状況です。特に「子どもへの影響」を不安視する働き盛りの30代・40代の世帯の、県外流出も続いています。
そこで、子どもの放射線被曝を軽減する活動が親世帯の不安を軽減し、さらには福島県の復興につながると考えています。子どもが「福島で育って良かった」といえる環境を創造して行きます。

プロジェクト概要

プロジェクト運営団体 特定非営利活動法人移動保育プロジェクト
所在地 〒963-8041  福島県郡山市富田町字池ノ上40-1
TEL / FAX TEL:024-983-3188  FAX:03-6745-8900
メールアドレス support@kidsbrain.jp
ホームページ http://kidsbrain.jp/fihp/
ブログ http://idouhoikupj.blog.fc2.com/
Twitter https://twitter.com/#!/idouhoiku
Facebook http://www.facebook.com/fukushima.ihp


600人の起業家集団

東北1000プロジェクト 応援感謝企画「歌津からのメッセージ」

スポンサー・パートナー募集

掲載プロジェクト数
209
「応援する!」総数
185,352
「認定バッジ」総数
12

プロジェクトを探そう!

活動テーマ
活動地域
検索

様々な条件で探す

すべてのプロジェクトを見る

復興大学|災害ボランティアステーション

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

「1000プロ」の活動を広めてください!